FC2ブログ

記事一覧

2019年刊行書籍のこと

あっという間に年末となり、2019年に七月堂が刊行した単行本を振り返ってみようと思います。詩集 26冊歌集 1冊児童書 1冊戯曲 1冊評論 1冊小説・エッセイ・その他 6冊実用・雑貨 3今年も圧倒的に詩集の発行数が多いのですが、「雑貨」の項目「のほほん手帖2020」と「本づくりの余り紙で作ったメモ帖」は、まったく新しい展開となりました。さてさて、出版の内容の一部を駆け足でご紹介していきたいと思います。上野芳久『風...

続きを読む

「のほほん手帖2020」お取り扱い店舗一覧

西尾勝彦(アイデア)×七月堂(製作)の手帖「のほほん手帖2020」のお取扱店さまはこちらになります。●福島Go Go Round This World! Books&Cafe●東京三叉灯百年青と夜ノ空本屋 B&BH.A.BookstoreTitleよもぎBOOKSBOOKSHOP TRAVELLER古書 ビビビ七月堂古書部●大阪葉ね文庫長谷川書店 水無瀬駅前店calo bookshop&cafe梅田 蔦谷店(入荷予定)●京都ホホホ座 浄土寺本店恵文社一乗寺店待賢ブックセンター●奈良とほん絵本とコー...

続きを読む

「のほほん手帖2020」発売のお知らせ

この度、詩人の西尾勝彦さんのアイデアを元に、七月堂から「のほほん手帖 2020」を発売することとなりました。「スケジュールから解放されるのほほんな日々」のお供にご利用いただけましたら幸いです。西尾勝彦(アイデア)×七月堂(製作)「のほほん手帖2020」 限定500部1800円+税10月下旬発発売予定【手帖仕様詳細】・104×195×9(外寸)・90×190(手帖本文)・上製糸かがり・年間カレンダー・この手帖の使い方・マンスリー 20...

続きを読む

「詩と夜の古本市」開催のお知らせ。

昨年にひきつづき、今年も下北沢の三叉灯さんにて、古本市を開催させていただくこととなりました!テーマは「詩」と「夜」。会場の310号室の居心地がとっても良く、ぼんやりとしながら夕暮れをむかえた時の、下北沢の街並みをご堪能いただきたいと思い、そのようなテーマにいたしました。思えば「夜」から連想するイメージは多角的にあり、「詩」との相性も抜群です。今回は、吉祥寺と西荻窪の真ん中あたりにある、古本と新本の書...

続きを読む

【卸販売について】書籍のお取り扱いをご検討くださる店舗さまへ

こちらは、七月堂の書籍のお取り引きについての説明ページです。販売してくださることを前提に、「委託販売」と「買い切り」にて一冊よりお取引をしております。書店さまはもちろんのこと、雑貨店、カフェ、その他の飲食店、美容院など、店舗の業態は問いません。【買い切り】掛け率 60%発送費 弊社負担お振込手数料 貴店にてご負担ください*「のほほん手帖」のみ、70%でお願いしております。「のほほん手帖2020」詳細【委託...

続きを読む