FC2ブログ

記事一覧

「かとうようこ~小さな絵と最初の頃の絵本展」開催のお知らせ

この冬、七月堂古書部にて、絵本作家かとうようこさんの作品を集めた絵本展を開催いたします。「チェリーひめのかくれんぼ」や「つみつみでんしゃ」で、とても可愛らしいタッチの絵本を数々と発表されているかとうさんですが、デビュー初期の頃の作品には、優しいグラデーションに言葉や物語がそえられた、ちいさな絵本などを作られていました。今回は、デビュー当時の作品から近年の作品までをずらりと展示販売いたします。なんと...

続きを読む

古本市出店者さまご紹介⑩おやつ堂さま

おやつ堂さんからのメッセージ聖蹟桜ヶ丘の大栗川沿いで、小さな焼菓子を販売しております。おやつ堂です。国産の小麦やバターを使用し、出来るだけシンプルな材料で焼き上げております。毎日のおやつが楽しくほっこりするお手伝いができれば幸いです。*****この秋より、古書部で不定期ですが入荷を始めました「おやつ堂」さんのおやつ。甘さひかえめのスコーンに、クッキー。食べると素材の甘味や香りがひろがって、それだけで幸...

続きを読む

古本市出店者さまご紹介⑨無人駅をめぐる本屋さま

無人駅をめぐる本屋さんからのメッセージ丁寧な暮らしやナチュラルライフ。そんなライフスタイルという言葉で無理をしなくったって、幸せなんて、きっとそのあたりに転がっているもの。街の中に出会う、たくさんの暮らしや職業。人々の暮らしの足跡が、いつか文化になるんだと思う。栞を挟んで、幸せの定義について、ふと考えてみる・・・そんな一思案の散歩にお連れします。好きと隙のあふれる本、集めました。昭和レトロな建築、...

続きを読む

古本市出店者さまご紹介⑧ママ猫の古本やさま

ママ猫の古本やさんからのメッセージはじめまして。ママ猫の古本やです。いきなり私事で恐縮ですが、小さな頃、引越しが多かったせいか、中1で東京に引っ越してきて以来、一番長く住んだ世田谷区は、私にとって生まれ故郷ならぬ「育ち故郷」。特に下北沢は思い出深く、世田谷を離れた今でも、大切な場所です。皆さまにとって、下北沢はどんな街でしょうか。下北沢周辺に住んでいた頃の私にとって、ここは音楽と演劇、喫茶店、布モ...

続きを読む

古本市出店者さまご紹介⑦百葉箱さま

百葉箱さんからのメッセージ西荻窪のはじっこであやしげな活動をしている百葉箱と申します。もともとは、選曲屋として、2010年に百葉箱を立ち上げました。それが、三叉灯さんとのご縁がきっかけで、古本も取り扱うようになり、現在に至ります。百葉箱の根っこにあるのは、中学の国語の教科書で読んだ三好達治の詩の何篇かであり、父の本棚(図鑑と庄野潤三と西村京太郎が仲良く一緒に並んでいました)であり、大学時代に聴いたジョ...

続きを読む