FC2ブログ

記事一覧

古本市出店者さまご紹介⑥脳天松家さん

脳天松家さんからのメッセージ
地元で長年愛された、小学校の同級生のパン屋が昨年閉店。下北沢の私のランドマークが無くなった。

本だって読む人がいなくなればいずれこの世から消えるかもしれない。

いまはまだ、どこでも買える、いつでも読める。でもその時間、空間、その出会いはいつも一期一会。

「人はパンのみに生きるにあらず」
そう言ったら泉下の彼は怒るだろうか。
でも喜んでくれ、新しいランドマークが出来たんだよ。

三叉灯。

あなたの一冊も、ここで出会えるかもしれない。


*****
今回の古本市の発端は、本当のところ、脳天松家さんの一言だったと思うのです。

古本市って楽しいよねぇっていう話を、いつものように古書部のソファでしていた時に、「古書部だって、古本市やればいいじゃない」と脳天先輩。
「じゃあ、手伝ってくださいます!?」とわたくし。
「いいよいいよ」と笑う脳天さん。

それで、一気に古本市ができるんじゃないかという気分になっていって、あれよあれよと今日に至るわけです。

そして脳天さんは、事あるごとに資料になりそうなチラシやパンフレットを古書部に持ってきてくださって、こんなイベントや企画がおもしろかったよ!という話を聞かせてくださるのです。

一緒に準備を楽しんでくださる出店者さまをなくして、イベントの成功などありえません。
本当にありがとうございます!!
ご一緒できること、とっても楽しみにしております。

fc2blog_2018101713261010c.jpg





スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント