FC2ブログ

記事一覧

古本市出店者さまご紹介⑧ママ猫の古本やさま

ママ猫の古本やさんからのメッセージ
はじめまして。ママ猫の古本やです。
いきなり私事で恐縮ですが、小さな頃、引越しが多かったせいか、中1で東京に引っ越してきて以来、一番長く住んだ世田谷区は、私にとって生まれ故郷ならぬ「育ち故郷」。特に下北沢は思い出深く、世田谷を離れた今でも、大切な場所です。

皆さまにとって、下北沢はどんな街でしょうか。
下北沢周辺に住んでいた頃の私にとって、ここは音楽と演劇、喫茶店、布モノの街。
三叉灯さんのある南口商店街には、駅からほど近いビルの2階に、昔、NOISEという喫茶店がありました。そして、商店街をおりてくるとジャズ喫茶マサコ。どちらも今はなくなってしまって、少しさみしいです。南口商店街からひゅっと左に抜けると、LADY JANE。こちらは今も健在。久しぶりに、飲みに行きたいなぁ。
北口にある生地屋さん「もめんやまきの」、その隣にあった「すみれ」(糸や毛糸)には大変お世話になりました(残念ながら、すみれは既に閉店)。この頃は、よく、縫物や編み物をやったんです。
今は、ここに「古本」も加わりました。

そんな下北沢で、古本市に参加できるのは、とてもハッピーで、楽しみです。
街のにぎわい、路地、行き交う人々…下北沢のいろいろな顔を思い浮かべながら選書したいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。


*****
ママ猫さんとのご縁をぐっと引き寄せてくれたのは、脳天松家さん。
そして、吉祥寺の「sora hug」さんで開催された古本市でした。

ママ猫さん曰く「育ち故郷」がおんなじで、お話をさせていただくと、馴染みある土地の名前がどんどん出てくるではありませんか。
下北沢の、北口にあった本屋さんで。
生地屋さんで。本多劇場の前で。ジャズ喫茶マサコで。
かつて、すれ違っていたのかもしれません。

ご参加くださることをご快諾くださり、どれだけ心強かったことでしょう。
古本市の開催について、右も左も分からない私の相談にもたくさんのっていただき、すっかり大船に乗った気持ちで準備を進めることができました。

今まで、たくさんの古本市で、たくさんの方々や本と交流されてきたママ猫さんのご選書を、どうぞ楽しみにご来場ください。

fc2blog_2018101714082916f.jpg



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント